葬儀のことなら三友いづみ会

ご利用に関して、プライバシーは厳守されます。

  • ※:いづみ会会員番号をお伝えください。
  • ※:ご本人、配偶者、ご親族の方々がサービスをご利用になれます。

心のこもったお見送り

万が一の場合は、皆様の身近なパートナーである三友いづみ会にご連絡ください。
葬儀のプロとして、故人様のご遺志、ならびにご遺族の方々のお気持ちを尊重する立場で、ご納得いただける葬儀をコーディネート致します。
深い悲しみに包まれたご遺族の負担を減らし、心のこもったお見送りができるように三友いづみ会がお手伝いをさせていただきます。

万が一の場合に

近年は、病院で亡くなられる方がほとんどですが、死は突然やってくるもの。必ずしも医師立ち会いのもとでお亡くなりになるとは限りません。しかしながらどの様な状況においてご臨終を迎えられたとしても、かならず医師による死亡判定を受け、死亡診断書を発行していただくことになります。 三友いづみ会では、この死亡診断書をお預かりして、役所で「火葬埋葬許可書」を発行してもらうお手続きの代行をいたします。

病院でお亡くなりの場合

医師により死亡が確認されますと、この旨医師よりご遺族に通知されます。お悲しみの中ではありますが、通知後、なるべく早く三友いづみ会にご一報ください。その後、ご遺体は看護師により処置されます。この間、医師は死亡原因をご遺族に説明します。 遺体処置と死亡説明が終わりますとご遺体は霊安室に移送されます。霊安室のない病院では、葬儀社の寝台車が来るまで病室でお待ちになることもあります。 霊安室に安置されますと、暫くして看護師と医師が焼香かお祈りをします。焼香が終わりますとご遺体のお引き取りが可能になり、看護師や担当医のお見送りをいただき、霊安室を出まして自宅へお帰りになります。
病室から霊安室までの遺体の移送は病院出入りの葬儀社(白衣を着一見病院の人のように見える)が受け持つこともあります。この移送の間か霊安室に安置したあたりを見計らい葬儀社が近づいてきます。病院によっては出入り業者を薦めるところもあります。 三友いづみ会という葬儀社に頼んであるからとお断り下さい。お世話になった看護師や医師に失礼にあたることは全くありません。
大学病院には病理解剖をしたがるところも少なくありません。お気持ちに反するならばお断りできます。 
尚、病理解剖を承認される場合は、解剖の終る大体の時刻を、担当医や看護師より聞いていただき当社にお知らせください.その時刻に合わせお迎えにあがります。

ご自宅でお亡くなりの場合

医師が立ち会っていた場合、かかりつけのお医者様と看取りの相談をしていた場合はお医者様の指示を受け三友いづみ会へお電話ください。
医師が立ち会っていない場合で突然或いは家族の知らないうちに亡くなった場合などは、直ぐ110番か119番に電話し警察が来るのを待ちます。
死因に不明な点がある場合はご遺体は検案または解剖の為 所轄の警察署、所定の病院(監察医務院)に運ばれます。 お住まいの自治体により対応は様々です。
検案、解剖が終わりますと死亡診断書に代わる死体検案書が発給され、ご遺体を引き取ることになります。警察から引き取れる時間の目安を聞いていただきましたら、お時間に合わせお迎えに上がります。
監察医が問題ないと判断しますとその場で死体検案書が発給され、直ちに、ご遺体の処置を当社でさせていただくことになります。

戸外で事故で亡くなってしまった場合

発見時、既に死亡が確認され 交通事故死のように原因が判明している場合は、ご遺体は所轄の警察の霊安室に運ばれ検案を受け安置されます。 原因が不明の場合はご遺体は監察医務院にて検案されます。 どちらも警察より連絡がありますので、身元確認とご遺体の引き取りの為警察或いは監察医務院へ行きます。 尚、発見時息が有り病院への搬送途中に救急車の中で亡くなった場合、医師が死亡原因を確認して事件性の有無を検証します。

都合によりご自宅にお帰りにならない場合

当社には提携している安置施設が有ります。一旦、お預けし、式場、日取りが決定しましたらご移送となります。ただ、この場合、ほとんどの安置施設がご遺体を棺に納棺していることがお預かりの条件となっております。従いまして、病院或いは安置施設での納棺となり、予め当社が棺を用意し、病院へお迎えにあがることになります。

■ 会員様向けサービス

いづみ会会員の方は無料でご利用いただけます。
(いづみ会会員番号をお伝えください)

 税務相談  高齢者住宅・老人ホーム  住いと暮らしの支援センター  霊園・墓石・改墓  お位牌・仏壇  お香典返し  家財整理  万が一の場合は
主要取引先

三井グループ企業
及び同社員・役員

水交会会員
(旧海軍・海上自衛隊)

一般個人及び企業